河北新聞ニュース (平成27年5月15日)

記事タイトルをクリックすると詳細記事に飛びます。
全文は新聞でどうぞ。


記事タイトル一覧

[1面記事]

 
―枚 方―

出来前府議
枚方市長選 擁立の動き急


 肩書喪失、閉ざされた前途打破に繋がるか



 ―寝屋川―

小西前市議
政治活動は続行



 ―枚 方―

中村府議こと
テッちゃんを襲った蹉跌


 
『全ては平野議員との確執』の真偽は


 ―大東市―

駅前再開発ビル 管理会社が不正使用を黙認

 過去に逮捕の前歴を持つ医院



[2面記事]

 ―寝屋川―

北川政権樹立
市政の流れ大変革へ


 功罪織り交ぜた馬場政権、今月28日で終焉



 ―枚方発―

佐藤議員
市議団から信頼喪失


 自民会派一丸へ存在感示せず


  人気も話題も“沈み行く夕日”



 ―四條畷―

渡辺市議、市長候補に急浮上


 
『まさか』が見せた深い反省と『新妻効果』


 ―交 野―

ジワリ黒田
市長色が市政に


 中田前市長色払拭へ可及



[3面記事]

 
―寝屋川―

インタビュー
北川新市長に聞く


 40億円市営住宅見直しへ



余 談… 地域の話題

 枚方 波乱の市議選に見る2候補の人間模様


求められる利用者判断 高齢者介護の現状を探る

 
ケアマネ、訪問介護・看護師、医師…ますます増大する社会的役割

サービス付き高齢者向け住宅 『ケア・キューブ枚方』 待望のオープン


[4面記事]

中田市政見直し第2弾

 交野マラソン 協力金打ち切りも 大盛況

   
昨年上回り約7千人がエントリー


 ―交 野―

市議、新人候補続々


 山本前府議も出馬へ



投書から

 
―枚 方―

その後の進展は?
招提大池メガソーラー



石清水八幡宮 春季献茶祭


インフォメーション 知っておきたい役立つ情報
 
郵便局だより 夏の販促に有利な『かもめ〜る』
 警察だより 各種事件・事故の通訳人を募集


詳細記事

1面記事−1

 ―枚 方―

出来前府議
枚方市長選 擁立の動き急

 肩書喪失、閉ざされた前途打破に繋がるか

出来前府議

 昨年12月の衆院選で佐藤ゆかり議員を11選挙区(枚方、交野)に呼び寄せ当選させながら、4月の府議選で議席を失った自民党・出来成元枚
方支部長(66歳)を8月に行われる枚方市長選候補として擁立する動きが政財界関係者を中心に急速に見られ、出馬は確実な状況となりつつあ
る模様だ。出来支部長は枚方政界きっての『政治手腕の持ち主』の定評を持ち、竹内政権1、2期目を通して支え続け実質、周囲の市幹部職員
や市内の経済界支援者等から『事務能力はあるが政治的能力皆無』とされている竹内市長の政治的側面の欠落部分を埋める形で、府や市内
経済会等との風通しを良好にする大きなパイプ役にもなっていた。
 例えば枚方市内の災害発生等を想定しヘリコプターを所有する、市内に本社を置くコフジ物流梶i堂坂佳延社長、春日西町)と枚方市との間を
取り持ち、『災害時ヘリコプターによる物資輸送協定の締結』実現に漕ぎ付けるなど、事務的頭脳一辺倒の竹内市長では発想も出来ない『民活』
を引き出す政治手腕を発揮している。

中央とのパイプ実現へ

 こうして周囲が目を見張る手腕を発揮していたが、府議選で議席を失ったために関係者の間から『このまま出来氏の政治手腕を眠らせるのは
惜しい』とする声が聞かれ、時を置く事なく自民党支持の経済会、市議団らを中心に『出来氏を市長候補に』とする動きが急速に進んでいる模様
だ。出来氏擁立の今一つの理由は枚方市は一時期を除いて戦後革新市政が長年続き、全国でも豊田市、北九州市と共に三大革新都市として
名を馳せていたため中央政府とのパイプもほとんど構築されず、41万都市で高速道路のない全国でも希有な遅れた都市としても悪しき知名度は
広がっていた。
 中央の自民党政権直結の出来氏の出馬はこうしたまちづくりの遅れを補完するばかりか、枚方市で政治に取り組んで33年間…地域の状況を
知り尽くしている点は、市民にとり生活向上を重視する意味でも大きな利点に繋がるものと判断される。出来氏を推す動きは他の政党へも広がり
つつあり、複数政党の支持・推薦も実現する流れが出来つつあるようだ。
 出来氏の市長選擁立の動きが見られるまでは66歳と言う年齢がもたらす印象から『もうこれで出来氏も政治家人生は終わりか』と予想する声も
政界関係者間で聞かれていた。出来氏自身もそうした自らの立場を強く意識して、ある関係者に4月下旬に『実は…大きな人生の賭けになると思
うが、この8月の枚方市長選挙に出馬する事も考えている。意見を聞かせて欲しい』と相談を持ち掛けている事が明らかになっている。
 相談を受けた関係者は4年先に行われる府議選を待つには余りにも長い、肩書を失くした出来氏に取って現在の立場は「退くも進むも地獄」に
等しく、一思いに勝負に出る事を進めたようだ。枚方市長選まであと4ヵ月足らず…出来氏支援の輪は次第に広がり始め、関係者の思い通りに事
が運ぶかも政界で大きな関心事となりそうだ。
自公連立が稼動
 出来氏の市長選出馬は当然、国政の『自・公連立政権』を前提としており両党の得票を衆院、府議、市議選と昨年暮れから今年にかけて行われ
た各選挙得票から枚方市内の基礎票を概略算定すると自民党基礎票約4万票、公明党が約3万票と見られている。この自・公の基礎票からする
と出来氏の市長就任は俄然、現実味を帯びて来る。問題は府議選で得票を4年前の選挙より約1千300票も減らしている事だ。枚方選挙区で佐
藤ゆかり衆院議員の得票が約6万2千票、その後に行われた府議選で出来氏の得票は約1万8千700で、出来氏が佐藤議員の得票をほとんど
まとめ切れていない事は何を意味するのか。この数字を見る限り有権者は佐藤議員、出来氏が同じ自民党公認とは言え『佐藤議員と出来氏の得
票は別物』と見る事も出来る。出来氏を市長選に擁立するなら、この数字の落差がどこにあるのか原因を突き止める必要に駆られそうだ。また昨
年から今年にかけて自民党は佐藤議員の下で出来支部長を含む市議団が一丸になる事を忘れているかのように『佐藤議員離れ』の動きが見ら
れている事もプラスとは言い難く『自民・保守一丸に』の下に歩み寄り、確実に4〜5万票はあるとされている自民党票が纏まる流れに持ち込む必
要性にも駆られている。
評論家・船岡氏が補佐
 こうなると出来氏周囲の計算通り自・公を選挙母体に闘う以前に自民党票を如何にまとめるかが陣営の大きな課題であると言えるようだ。党勢
強化の大きな力になる事が期待されていた佐藤議員が、逆に自民党支部の足手まといになるほど市議等とトラブルを起こしており、こうした点も自
民党全体の重圧となっている模様だ。統一地方選直後にも市議会会派編成に当たり自民党公認候補が4人当選しているが、一丸となり得ず会派
分裂の危機を迎え、出来氏の立場を一段と苦境に陥れる情報も流れていた。ところが、ここで出来氏の人脈の豊富な面が効果を現し、『何としても
市長に』とする地域政治評論家の船岡恭男氏が前面に出て出来氏を補佐、分裂気味の自民議員等の関係修復に奔走し党4議員は急遽、同一会
派結成の方向に向かった経緯を辿っている。
 この自民党市議団の一丸現象は出来氏の市長選出馬に当たり、大きな希望の明かりをもたらした格好だ。都構想の住民投票は維新、反維新陣
営にそれなりの効果をもたらすようだが、この勢いを以て大阪維新の会が枚方市長選挙で候補者を立てる可能性が一段と高まっている。候補者を
立てた場合、住民投票の自・公・民・共対大阪維新の会の厳しい戦いは敵味方に分かれた末に大きなしこりを残した感は拭えず、必然的に枚方市
長選挙にも影響し、維新の会と対立した民主、公明などの票は間違っても大阪維新の会候補へ流れる事はない、と予測する声も聞かれている。

竹内市長も3選出馬に意欲

竹 内 市 長

 次いで注目されているのが竹内脩市長の出馬か否かの動向だが、この最近は出馬に向けコミュニティ関係者等との接触回数を増やし、参加者
は減ったものの今年2月にも3選出馬を前提に新春の集いも開催している。昨年暮れの衆院選では自民、民主両陣営に当選祝いに駆け付けて
おり、4月の府議選では最大の政敵と言われていた中司宏氏(元枚方市長)の当選時にも駆け付けて祝辞を贈っている。かくも形振り構わず頭を
下げ回っている実態を見る限り、並々ならぬ3選出馬に意欲を燃やしている証と言えそうだ。
維新、候補者選定に壁
 ところで大阪維新の会が市長候補を立てるとした場合、4月の府議選前に同党に入会したものの府議選出馬を断念した伏見隆前府議の名が取
り沙汰されているが、政治家経験が市議時代を含めて僅か8年しかなく仮に市長に就任しても未熟さは否めず、人口41万都市枚方の市政運営は
不可能とされ、伏見前府議の目はないものと判断されている。
 代わって同党の岡沢健二府議が第一の市長候補になる情報も駆け巡っている。岡沢府議は先の選挙で歴史的得票と言われる約4万票を得た
勢いからすると、市長候補としても十分闘える裏付けがある事になる。ただ、難点は都構想の絡みで府議会で過半数に届かない大阪維新の会と
しては府議会で議決の際に1議席でも欲しい状況で、岡沢府議の市長選転向に難色を示すものともされている。
 そうなると大阪維新の会とすれば、8月の市長選挙まで僅か3ヵ月の間に候補者を選定する必要性に駆られる事になり、候補者擁立の難解さに
直面する事になる。
重圧に耐えられるのか
 出来氏は、こうした周辺環境を踏まえながら市長就任への可能性を追求し肩書を手中にしない限り、今後政界への生きる道は閉ざされてしまう
可能性は決して小さくない。あるいは4年後の選挙で蘇る動きをするにしても、年齢的にもこれからの4年間は余りにも長く、それまでに何らかの
行動を起こさない限り座して死を待つに等しい状態のために、出来氏にとり8月の市長選出馬は人生待ったなしの背水の陣と言えそうだ。
 そもそも支部長と言う立場は支部の隆盛を図ると共に、党の政策を地域に反映させ平安な市民生活を形作って行く事が使命だとすれば市・府
政等にモノ申す法的権限を持つ現職政治家が支部長を兼務するのが、より市民のために繋がるものと判断される以上、出来氏は支部長に就い
ている間は、何としても政治家として公的肩書を手中にしなければならない重圧に付きまとわれそうだ。

中司府議に倣え

中 司 府 議

 誰であれ政争の絶えない政治家を志した以上、こうした苦悩が付きまとうのは必然と言えるようだ。平成19年に清掃工場建設発注を巡って談
合罪に問われ、市長を辞職した中司宏府議も然り。市長辞職後、冤罪を訴えながら苦節7年、漸く『潔白だ』と訴えていた事が市民に認められ、
この4月の府議選で議席を得て付きまとう煩悩から脱している。出来氏も長い人生の中で艱難に耐える精神力が試される時期と言え、自ら強い
政治家を自負する以上は支持し頼りとする人達のためにも、この人生の厄災を乗り越え強さを内外に示す必要に駆られそうだ。
       *       *       *
出来成元氏の略歴 大学卒業から自民党大阪府連に入職、中山太郎参院議員秘書、中山正暉衆院議員秘書を経て昭和58年、34歳で枚方市
議に初当選。市議4期、府議3期を歴任し現在は自民党枚方支部長。

1面記事−2

 ―寝屋川―

小西前市議
政治活動は続行

小西前市議

 先の寝屋川市議選で惜しくも涙を呑んだ小西順子氏が近く同志と共に、これまで通り市議会等も傍聴し馬場市長が強攻に建設を進めた廃プラ
工場からの排出ガスに絡み健康被害等が見られている、いわゆる「廃プラ問題」等の解決に向けに取り組んで行くとしている。小西氏は北川市
長と近く今回の市長選も全力で応援していた。廃プラに関する一連の運動には今後、北川市政と連携して行くとし、何者かにサーバー攻撃されて
いた自身のホームページも近く再開すると言う。


1面記事−3


 
―枚 方―

中村府議こと
テッちゃんを襲った蹉跌

 『全ては平野議員との確執』の真偽は


中 村 府 議 平 野 議 員

 選挙に当たっては常勝将軍の異名まで持っていた民主党の中村哲之助府議(70歳)が、この4月の選挙開票時では当落線上
を行き来し最後まで薄氷を踏むような状況が続き、すっかり常勝将軍のイメージを傷つけた結果になったが、何が原因でここ
まで中村府議の得票が伸びず悩んだのか意外な情報が政界に飛び交い関係者の目を刮目させている。同府議(以下、テッちゃ
ん)は4年前の選挙は定数5に民主党候補が2人も立ったにも拘らず、3位で当選し『さすがにテッちゃんは選挙に強い』と、
その安定ぶりに周囲は感心していた。
山村学校1期生で
 テッちゃんの出身母体は市役所職員組合で当時、社会党の土井たか子や飛鳥田一雄両委員長系で枚方市では次期社会党委員
長と目されていた山村富造市長の下で亡き父親の跡を継いで25歳の最年少で市議に当選している。山村市長は枚方市駅前の再
開発を僅か3年で成し遂げ、その政治手腕が未だに語り草になっている剛腕市長として名を馳せ、テッちゃんはその『山村学
校の第1期生』として市議デビューを飾っている。山村市長に政治のイロハを学びながらテッちゃんの人生は出身母体労組に
支えられ政治家人生まっしぐら、一度たりとも落選する事なく府議会へ転身、6期連続当選の今に至っている。府議に転身後
の選挙でも常にテッちゃんは議席に着いて公明党候補と共に『指定席』を確保していると見られ、事実その風評通りに安定し
た戦いぶりを見せて来た。万事が順風満帆に見えた生き様を見せ、5月2日で古希を迎えたテッちゃんに今回の選挙で何が蹉
跌をもたらしたのか。
人知れない裏の顔も
 外見は紳士然とし、人後に落ちない年齢より遥かに美しい風貌で、笑顔の人懐っこさが一段と有権者から見ると『何か助け
てやろう』と思わせるに十分で、テッちゃんの笑顔は接触する人の警戒感を取り払う格好の武器となり、選挙時にも最大の効
果を出しているのは誰もが認めるところだ。だが、こうした顔とは裏腹に人知れない裏面の顔を語る人達も散見されている。
『テッちゃんが他人のお世話をした話など聞いた事もない』と厳しい口調で語るのは、さる知人だ。頼み事をしても巧言でス
ルリと躱され、真剣に聞いて貰えなかったとこぼす市民は少なくない。また贈収賄が付きものの土建業界等とは、ほとんど付
き合いがないように見えるが『それは外見だけで、昔は建設会社の顧問のような立場で立ち回っていた』と証言する業界人も
一人や二人だけではない。そう言えばテッちゃんは一時、ある建設会社と親密さを増していた話も一再ならずだが、しかし決
してテッちゃんの動きは表面には出ず、影の動きだけが話題として語られるにすぎなかった。要するに『正々の旗、堂々の陣』
は構えず影の動きを専らとする事を得意とするのが、テッちゃん流の生き様のようだと語るのは近くに住む人の話だ。ここ数
回の選挙では『今回が最後の出馬』と有権者の情に訴え当選を果たし、今回も『最後の出馬』と訴え落穂を掻き集めるかのよ
うに得票に繋げていた。
意外にも犯人は
 こんなテッちゃんにこの4月に『苦しい選挙』を強いて蹉跌をもたらしたのは他でもない、同じ民主党の平野博文衆院議員
だとする情報が一部の政界関係者の間から漏れ聞かれている。そう言えば北牧、大塩、中司の歴代市長らが辞任後の選挙の都
度、テッちゃんの名が有力市長候補として挙がり、市長候補にほぼ決まりかけていると、民主党のどこからともなく『テッち
ゃんは駄目』の声が通奏低音のように流れ、次第にその声は主流となりテッちゃんが市長候補になる事を拒み続けている。テ
ッちゃんはその気になっていると言うのに、目に見えない『敵の声』は無残にもテッちゃんの市長への夢を打ち砕いている。
市長選の都度、テッちゃんを奈落の底に突き落とし『テッちゃん阻止』に動いたのが誰あろう、平野議員だと言う情報が政界
を駆け巡っているのだ。
万事、辻褄が合うが
 今回の厳しい選挙も、世間では『平野議員が本気度を欠いて支援しなかった事が原因』と見る向きもあるようだ。そう言え
ば昨年の衆院選時、民主党の衰退と共に苦しい選挙を強いられた平野議員は、藁をも掴む思いで誰彼問わず手当たり次第に支
援を要請し、多少の思想の違いも妥協して民主以外の府議候補の支援も得て戦っていた際、テッちゃんは平野陣営を応援する
どころか『なぜあんな人と共闘するのか』と怒鳴り込み、あげく自らの選挙に有利なように平野陣営から支援を取り付けたと
言うから、テッちゃんに『正々の旗、堂々の陣』の精神を求める事は土台無理な事だった、と憤慨する声も聞かれていた。
 自己中心の動きがテッちゃんの全ての活動の根底に横たわっているとしたら、『テッちゃんの前に立ちはだかる蹉跌』の震
源地がテッちゃんに怒鳴り込まれた平野議員とする噂もあながち否定する事も出来ないが、悲しいかな、こうした話は政界雀
の四方山話に過ぎず真偽のほどは闇の中だ。ただ近い将来、表面的左派を装うテッちゃんを含め左派系に傾斜した民主党から、
どちらかと言えば組合の中でも右派系と言われている平野議員は、民主党の籍を抜くのではないか、とする情報も流れている。
平野議員は旧民社党系の中庸を行くパナソニック労組出身だけに、過激派の烙印を押されている国労の支持を受けている同党
の枝野幹事長らに対しても、左傾化過ぎた事に嫌悪を抱いていると言われているが、この点も真偽は不明だが火のないところ
に煙は立たないとする伝で行けば、『テッちゃんと平野議員』の因果関係も万事平仄が合うのだが…。
開票時のハプニング
 余談だが、4月12日の府議選開票時に一寸したハプニングが見られた。開票時の10時半頃、自民党の出来成元候補の票がテ
ッちゃんの得票より遥かに多く、出来候補の関係者はその開票光景を見て残り票はほとんどないと判断し、候補者の待機して
いる出来氏の事務所に『当選です』と電話を入れた後、開票していた市職員が投票用紙の束をどさっと出して来て、テッちゃ
んの得票としたのだった。もう残り票はないと踏み瞬間的に喜悦した出来陣営だったが、一笑に付すには余りにも残酷な状況
が見られていた。種を明かせば、こうした光景は開票時にしばしば見られるものだ。日頃、好意の持てない候補者らに対して
職員が故意にやらかす『嫌がらせ』と言う。テッちゃんは市職員出身だけに『落選と思わせ』た後に、より大きな喜びを陣営
でシェアさせるための組合職員達の気遣いと言うが、やられた方はたまったものではない。出来陣営の泣くに泣けない許せぬ
冗談に助けられたテッちゃんだった。

1面記事−4

 ―大東市―

駅前再開発ビル
管理会社が不正使用を黙認

 過去に逮捕の前歴を持つ医院


 大東市が大株主として運営されている大東市駅前再開発ビルに入居している村田医院(村田保則院長)がビルの管理規約を破り、本来なら住
居しか使用できない同ビル『サンメイツ2番館6階部分』に株式会社『村田産業』の看板を掲げ事務所として使用している事が関係者の話で明ら
かになり、同ビルの入居者等から『ビル管理の実態が規約を守らない状態を放置し、規約を私物化して良いのか』として、『不正是正』を求める厳
しい批判の声が出ている。
 サンメイツ2番館管理規約によると、『区分所有者の義務』の項、第11条で『区分所有者はその専有部分を店舗・業務・住宅等予め定められた
用途に使用するものとし、これ以外に使用してはならない。共用部分の使用もまた同様とする』と規定されている。こうした規約がある中で村田産
業は昭和54年頃からこの規約に反して住居部分を事務所として使用しており、長年に亘る確信犯的規約破りに『人命を預かる偉業に携わりなが
ら、社会秩序を乱して患者の信頼が得られるのか』とする声と共に、不正の実態を把握しながら、是正策も取らずに放置している管理会社の職務
怠慢が改めて問題化しそうな雲行きだ。
 同ビルを管理する『駅前再開発ビル梶xに対しては、区分所有者らが、『共益費不払い』行為などが横行し、ズサン運営が目に余るとして大阪地
裁に『管理者解任請求』事件として提訴、現在係争中だ。また、村田産業の母体的立場の村田医院は平成20年に注射器などの医療廃棄物を一
般ごみに混ぜて不法投棄し、廃棄物処理法違反で大阪府警に逮捕、厚生労働省からも処分を受けている前科を持ち、この事件をきっかけに社会
的信頼を大きく失墜させているだけに、今回の様な不正使用は管理会社と共謀の上で行われている悪質なものだ、として早急に是正を求める声
が高まっている。


2面記事−1

 
―寝屋川―

北川政権樹立
市政の流れ大変革へ

 功罪織り交ぜた馬場政権、今月28日で終焉

馬場前市長

フィクサーMも消え去る
 寝屋川市で4期16年間続いた民主党系の馬場好弘市長が、この5月28日で終わりを告げる。交替して自民党直系の北川法夫
市長(66歳、前府議)が同29日から就任する。馬場市長は在任期間中に民主党系支持者を基盤とし、保守系からの支持も取り
付け安定した政権を打ち立て3・4期には寝屋川市は『馬場王国』と言う代名詞まで冠するほど安定した政権となり、向かう
ところ敵なし状態の政権構造を確立している。こうした中で数億、数十億円の大規模な公共工事や市が関わりながら組合方式
で数百億円単位で開発が進められた鉄道沿線駅前開発等の殆んどが競争入札を避け発注者側の好みで業者を選択出来る『プロ
ポーザル方式』を採用、結果的には大半が随意契約同様の受注となり市長在任16年間は絶える事な
く『影の市長・フィクサーM』との癒着や建設業者等とあらぬ疑いが磐石政治基盤の下で付き纏っている。
命を繋いだ善政も
 一方で、磐石な政治力を活かし医療空白地区回避を目的に、香里園駅前に位置する関西医大香里病院の枚方への移転を断念
させ、同じ場所に新病院開設を実現させると言う離れ業をやってのけている。当時、関西医大は全体的に経営に潤滑さを欠き
香里病院は大きな赤字に見舞われ、同医大側は香里病院を売却し枚方に建設計画していた病院と移転統合し病院再建に全力で
取り組んで進めていた。これに馬場市長は持ち前の政治力を発揮、市内薬剤師会等も含め医療業界全体の支持を取り付け『関
西医大香里病院存続』の道筋を付け、その上で市は香里病院新築に向け約36億円の助成を実
行する事で、関西医大側は香里病院の枚方移転を断念するに至っている。香里病院存続は馬場市政16年間の最大の功績と言え、
多くの市民がその恩恵に浴し命を繋ぐ姿が見られている。
変革に期待も
 功罪織り交ぜた馬場市政終焉は、北川新市長が『馬場市政を否定した公約』を掲げて登場するだけに、今後の市政の大変革
を意味しており、それはそれなりに新たなカンフル剤となり市政活性化に繋がる要素を含んでいると言えるようだが、影の市
長として馬場市長に擦り寄り公共工事等の利権を漁り続けていたフィクサーMの利権が途絶える事は確実のようだ。北川市長
自身、府議時代から『清廉潔白』で通っており『井戸塀政治家』の別名を取った父、故・石松元環境庁長官の血筋を引いてそ
っくりだ、と言う支持者の声は印象深い。いずれにしても寝屋川市政は今後、大変革期を迎える事は確実で、周囲は期待と不
安を綯い混ぜた空気に包まれている。

広瀬副市長実現は

広瀬元市議

 改革には人事交代が付きものだが、まず話題に上っているのが今回の府議選に出馬、自民党公認で北川市長と共闘し惜しく
も敗れた広瀬慶輔氏(44歳、元市議)の処遇を北川市長がどのように対処するのか、のようだ。広瀬氏が話題に上るのには訳
がある。既に広瀬氏に対しては府議選投票前から『自・公連立』の大義の下に、自民党は市長選時に公明党からの支援を得る
ために、府議選では自民党候補より『公明候補優先』を水面下で画策、公明候補を当選させた上で自民党は市長選挙に臨み
『そのために広瀬氏を生贄として差し出す』などとする、戦国時代の下克上顔負けの情報が駆け巡っていた。
 その生贄の代償として『広瀬氏は府議選の当落に関係なく、北川市長誕生の暁に公明党は有無を言わず広瀬氏の副市長就任
に賛成する』と言うものだった。噂通りに公明党候補は府議選で当選したが結果的には公明党は北川市長を支援せず、馬場市
長の後任とする民主党系候補を推すと言う、中央政界とは足並みを違えた動きをし府議選時に駆け回った『広瀬氏生贄説』の
自・公密約説を打ち消すに至っている。
北川市長、人の道通すか
 では広瀬氏の副市長就任は潰えたのかと言うとそうでもないようだ。広瀬氏は元々4年前の市長選出馬に続き、今回の統一
地方選でも市長選出馬の予定だったが馬場市長引退が決まった直後に突如、北川府議(当時)が『市長選出馬』に意欲を見せ
た事で市議就任以前から北川府議の秘書的立場だった広瀬氏は市長候補の座を北川府議に譲り一歩下がった形で府議選に出馬
した経緯があると言う(関係者)。勿論この結果は自民の公認問題も絡んだ上での事だが、こうした経過が事実とすれば北川
市長も広瀬氏に何らかの形で報いる必要に駆られるのは人の道と言うものではないか(関係者)。このまま何の対応もないと
すれば広瀬氏は次の選挙まで4年間、無冠のまま再び政治充電せざるを得ないが、そうなると年齢的にも厳しい選択を迎える
だけに、関係者からすれば北川市長がどのような判断をするのか注目に値する事案と言えそうだ。因みに現在の副市長の中西
勝行氏は今年7月、太田潤氏は同9月に任期満了を迎える。

2面記事−2

 ―枚方発―

佐藤議員 
市議団から信頼喪失

 自民会派一丸へ存在感示せず


  人気も話題も“沈み行く夕日”

佐 藤 議 員

 統一地方選挙も終わり、5月1日に市議らに当選証書が手渡され、正式にこの日から議員活動に入る事になるが、議員等にとって第2ラウンド
と言われているのが、当選議員新メンバーで議長等を決める議会役選だ。役選では各会派間の歴史的経緯を加味しながら、構成人数が大きな
ウエイトを占めて進められる。そうした意味では、会派構成は1人でも多い方が役職争奪を有利に進める事が出来る数の論理が物を言う事にな
る。この役選に当たり話題となり注目されているのが、分裂の囁かれていた自民党会派が4人一丸となり、一糸乱れぬ体制を敷き役選に臨んで
いる事だ。
 自民党公認候補の中には選挙期間中から投票直後まで他議員と所属党を一にしながらも意見の違いを見せ、会派結成時には別行動を取る
動きが一時は非公式ながら見られていた。大きな乱れでないにしても、こうした動きに対して支持者の間から『政権政党として市民の要望を通す
ために、より力を発揮する会派結成』を望む声が聞かれ、11選挙区(枚方、交野)支部長の佐藤ゆかり衆院議員もこの情報をキャッチし、各市議
らに連絡を取り議員団調和に乗り出したものの市議らからの信頼が得られず、どの市議も佐藤議員の呼び掛けに耳を傾ける姿は一件も見られ
ず失敗に終わった模様だ。
これが国会議員?
 話は余談になるが、佐藤議員が自民党市議らから信頼喪失している原因は、自らに気に入らない情報が流れると『誰が喋ったのか』として犯
人探しに乗り出す、実に女性的で余りにも私情を剥き出しにしたかのような、神経質な行動が市議や周囲から『国会議員らしくない』と敬遠され
ている事にあるようだ。
 佐藤議員事務所が秘書の出入りの激しい事はこれまで週刊誌記事などでお馴染みだが、枚方でも同議員が衆院当選後に秘書への好ましさを
欠いた対応を耳にした有力な後援会役員が、佐藤議員に対して『秘書をもっと大切にするように』注意すると、佐藤議員はこれから間を置かずに
急遽、秘書など関係者を集めて『誰が後援会役員にあんな事を喋ったのか』と犯人探しに躍起となっていたと言うのだ。こうした情報を耳にした以
上、市議らも単に市井の女性のヒステリックな行動としてなら理解も出来るが『これが国会議員の取る態度か』と疑問を抱いた事は想像に難くな
い。よって佐藤議員の信頼は地に落ちた格好となり選挙区支部長ながら孤立した状況を呈している模様だ。
米国留学のマドンナが
 それはともかく、佐藤議員の調整能力欠如の情報は一瀉千里に自民党関係者間を駆け巡り、却って市議団の団結を混迷させた感は否めず、こ
れが出来成元枚方支部長の耳に達し、そこで同支部長が乗り出し前田富枝会派代表に相談した後、各議員と連絡を取り合い4議員の意思疎通
ががっちり図られている事を確認、今回の会派一丸の体制が敷かれた流れとなったようだ。
 この一連の流れは結果的に『分裂したのではなかったのか』と見られていた自民党市議団の結束力と共に、佐藤議員の存在感の薄弱さを印象
付けた形になり、当選当初は『アメリカ留学のマドンナ来枚』として物珍しさもあり佐藤議員人気は好調のようだったが、その人気は日毎に沈み行
く夕日の様相を呈し始めている感は否めず、人気回復のためにも起死回生の指導力を発揮する必要性に駆られているようだ。

2面記事ー3

 
―四條畷―

渡辺市議、市長候補に急浮上


 『まさか』が見せた深い反省と『新妻効果』

渡 辺 市 議

 統一地方選で『まさかあの人が…』と意外な悲喜こもごもの結果が見られ、人の心を縛れない選挙の怖さを多くの選挙区で
見せ付けられたが、四條畷市でも『まさか』が見られ、それなりの話題となっているようだ。
 トップ当選の渡辺裕市議(40歳、3期)は3411票を得て、前回より633票増やし大善戦している。2期目には、市議
として公共施設を早朝から懸命に警備している高齢の守衛さんを叱り付けたりして種々話題を振り撒いていたが、それも束の
間、高齢者に思いを致さぬこれまでの自分を深く反省、生まれ変わった新たな気持で昨年新妻を迎え、その結果が市議選史上
記録に残るほどの得票を得て周囲を驚かせている。
 多分に新妻の献身が渡辺市議の精神構造にアドレナリンの大量注入となった事が起因している事は否定出来ないだろう。
『良い嫁を貰ったなぁ』と羨む声も聞かれている。今回の得票と2年後は42歳と言う男の働き盛りを迎える事を加味し渡辺市
議の今後を見通すと、2年後に控えた市長選挙に出馬の可能性が俄然高まったと政界関係者は見立てている模様だ。

問題は土井市長の体力

土 井 市 長

 同市の土井一憲市長は昨年、大腸を1・5b切除した事をブログで明かしている。大腸は水分を吸収し免疫力を増し、自然
治癒力を増幅させる機能があるとされ、体力維持に重要な役割を果たしているが、そうした意味では切除は栄養吸収の減退も
意味する面も否定出来ない。そうした視点からすると《死ぬまで市長をしたい》と同窓会の席などで発言している土井市長に
とっては、2年後に行われる市長選時まで体力維持が必須条件となる。
 昨年開かれた市議会では大手術後に『安静期間』を置かずに職務復帰した事で、『市の最高責任者が体調にもしもの事があ
れば市民に影響するのは必然だ。完全回復しないまま職務に就く事は危機管理能力が薄弱ではないか』とする指摘をされ、行
動が安易だと警鐘を発せられている。土井市長とすれば、一日も早く職務復帰し市民への影響を極力避けたかった責任感から
の行動だったのであろうが、議会の質問は市長と言う立場が最早、土井市長個人の体ではない自覚が強く求められた一事と言
える名面だった。
 渡辺市議のトップ当選は、土井市長の大腸切除とリンクして周囲の注目を集めているが、折しも渡辺市議の親友である広瀬
慶輔氏が市議選の度にトップ当選を果たし40歳で寝屋川市長選に出馬、涙を呑んだ後にこの4月の府議選に果敢に挑戦してい
る。渡辺市議はこの同志の広瀬氏と政治に関する勉強会などに参加、互いに進路について影響を与え合っているが、こうした
行動とトップ当選、土井市長の大腸摘出など総合して見ると渡辺市議の次期市長選出馬は可能性として急浮上する。よしんば
2年後の市長選出馬が実現しなくても、こうした流れになれば6年後に出馬は確率として俄然高まる状況と政界関係者は見て
いるようだ。
詐欺の島市議3位当選 議会運営で『再犯防止』出来るか
 次いで『まさか』の当選者が島弘一市議(61歳、2期、民主系)だ。島市議は政務活動費を交通費として計上して受け取っ
ていたまでは良かったが、何とその交通費が『スナック帰りのタクシー代』だった事が判明、返金を余儀なく強いられたがそ
の行為は明らかに『公文書偽造、詐欺』罪に当たり犯罪そのものだけに、4月に行われた市議選前は『公金を騙し取った事を
反省して出馬取り止め』を求める声が高まっていた。島氏は『公金を詐取した事と選挙は別問題だ』とした上で『それでも選
挙に出たい』と決断して当選している。それも『まさか』の上位3位当選の、有権者の目が節穴状態の恩恵に浴している。
 この島市議が公金詐取した同じ次期に、同じ会派に所属していた藤本美佐子市議(50歳、民主系)が公式な委員会の場で
『農業委員は寝ている』捏造発言をして大きく問題化、昨年議長に就任予定だった同じ会派の長畑浩則市議(54歳、3
期)の足を引っ張り議長就任を断念させている。藤本市議は今回の市議選で次点候補に僅か259票差で最下位当選だったが、
『苦戦は捏造発言で長畑市議の議長就任の夢を打ち砕いたからだ』と陰口まで囁かれる立場に立たされている。
 藤本市議の捏造、島市議の公金詐取…いずれも社会人として許容出来る範囲を大きく逸脱しながら市議に当選している現実
は『四條畷市民の人を見る目が節穴だった』と言うより両議員が『自己の悪行を隠し、有権者を巧みに誘導する手腕に長けて
いた』結果と言えるようだ。結果論とは言え、これで四條畷市議会は『詐欺と名誉毀損』罪者が紛れ込んで結成された事にな
り、今後の議会運営が思いやられる事が予想されそうだ。因みに昨年、この両者が長畑市議の議長就任を断念させた原因とな
ったが、5月に開かれる議会役員選と共に、今後の議会運営が両議員の再犯を防ぐ意味でも、どのような推移を辿るか注目の
ようだ。

2面記事ー4

 ―交 野―

ジワリ黒田
市長色が市政に

 中田前市長色払拭へ可及

黒 田 市 長

 交野市の黒田実市長は4月13日、枚方市内某所でまちづくりに当たり『住みよい街にするにはどうすればよいか』として自論を展開、注目を集め
た。黒田市長によると今後、高齢化社会への移行を余儀なく強いられるのは交野市も例外ではなく、ジワリ高齢化が進んでいる。
 市の人口動態予測を見ると65歳以上人口が平成27年2万493人、同32年は2万1715人、同47年に2万3040人に増加。75歳以上人口は平
成27年8930人、同37年1万4021人、85歳以上は平成27年2377人、同42年5795人と高齢化を辿っている。高齢化は必然的に体力減退を意
味する。黒田市長は高齢化すなわちその分、周囲が高齢者に対して労わる気持を持つ事が求められると説く。
 まちづくりにあっては高齢者が買い物や病院通い等に手軽に行ける環境づくりが必要だと言う訳だ。では高齢者に優しい環境を作るにはどうする
のか。体力のある若者は高齢者を労わる精神を失わず、出来るだけ山手などに住居を置き高齢者は駅近、低地に住むとかなり体力の負担も少な
くなるはずだと力説する。更に平野部が面積面で不足なら高層マンションなどを増やし、高齢者の需要を満たすのも一つの方法だと思いを練って
いるようだ。
 中田前市長は、マンョンなどは出来るだけ増やさないような政策を取っていたが、黒田市長のマンションに対する概念は、中田前市長の持つ『マ
ンションは生活環境が煩雑化する』としていた『高齢者への労わりを置き去りにした』かのような概念と真逆とも言え、こうした考えは今後のまちづ
くりに大きく反映される可能性も含んでいるようだ。
 万事物事は一長一短だが、まちづくりも時代背景を斟酌し『どこに重きを置き実行するか』が時の政治家の判断力と言えるが、ここに来てジワリ
と前政権の政策転換に乗り出した感のある優柔不断を自認する黒田市長。今後のまちづくりに期待する声も高まっているようだが、さて…。
『ようこそ市長の部屋へ』
 『優柔不断』を自認している黒田市長だけに、市政運営は傍から見ると牛歩のような歩みしか感じられないが、徐々に秘めていた内面を小出し
にして来ているように見えなくもない。同市長は昨年9月に就任した後、交野市チャリティーマラソンのホームページのトップページは中田前市長
の姿が掲載されたまま。また、中田前市長時代『市長の部屋』欄を設けて存在感を示していたが、黒田市長が就任しても市のホームページで『市
長の部屋』は消滅したまま新年を迎えんとして存在感はかすれ気味だったために、市民の間から『まだ市長は中田さんか』と、黒田市長をあてこす
るかのような声も聞かれていた。
 こうした揶揄する声にもじっと耐え忍んでいたようだが、明けて平成27年1月から何れのページも『黒田市長』の存在がジワリ浮上。『黒田市長の
部屋』欄も新たに設け、『ようこそ!!市長の部屋へ』と呼び掛け、笑顔満載の写真で飾り、この欄を見る限り「あの霞んでいた黒田市長は何処に行っ
たのか」と見紛うほどだ。これを見る限り、今度はあの存在感を示していた中田前市長の影がすっかり消え去った空気が市役所内外に漂い始め
黒田丸≠フ幸先の明るさを示唆している兆しが伝わって来そうだ。
惜しむらくは 何時まで続く笑顔外交
 惜しむらくは…と、さる市議会関係者が語る。曰く『黒田市長は徐々に自分のカラーを出し始めているが、その手法は市議時代と変わらず誰と話
す時でも深く頷き、全方位笑顔で対応している点が気にかかる。黒田市長の一言毎に頷く様子を見せる聞き上手に、要望する側は信頼を置いて
実行してくれるものだと判断しているが、市長と言っても出来る事には限界がある。10件の陳情を受けても数件も実現出来たら良い方だが陳情し
た側は『市長が頷いてくれた』だけに当然、実行してくれると踏んでいても、いつまで待っても実行はなく結果は『空手形』のため『何もしない市長』
と言うレッテルを貼られる、と懸念を示している。
 その上で『誰にでも頷く手法は市長と言う責任ある立場では回避する必要があると注文をつけるが、さて黒田市長がどう出るか――。出来ない
ものは出来ないとはっきり言わないと、市長が首を縦に振っているので相手は実行してくれると思い込む。結果、出来ないとなると頼りない市長の
レッテルが貼られる事は請け合いだ』と、黒田市長の優しい一面が裏目に出る事を懸念した上で『黒田市長の優しさが最大の欠点になる事が何よ
りも心配だ』と、笑顔で以て衣の下の鎧を隠す同市長の手法の危うさを指摘している。
 誰に対しても笑顔を以て接する黒田市長だが、指導者は時に断腸の思いで決断を下さなければならない立場にある事は言うまでもないが、そう
した本質から逃げられない黒田市長が、八方に振り撒くその笑顔を何時まで続ける事が出来るか…。


3面記事ー1

―寝屋川―

インタビュー 
北川新市長に聞く

 40億円市営住宅見直しへ


 過去、市長選挙の都度、有力候補として名前が挙がっては消えていた北川法夫氏(66歳、前府議)がついに出馬し当選、5月29日初登庁し市
長のポストに着任する事で、支援者らは「長年の念願が叶い自分の事のように嬉しい」と歓迎した上で「自民党出身市長として、中央との連携も
これまで以上に弾みがつくはずだ。弟の北川知克衆院議員と兄弟で、寝屋川市のまち興しに力を合わせて取り組んで欲しい」と期待を込める。
寝屋川市は数十年に亘り民主党系政権が続き、権不十年…必然的に、時の権力と癒着した特定の人物が市政を牛耳る面も散見され、本来な
ら建つはずも無い市街化調整区域に、条例まで制定し民間の廃プラ工場建設を強引に進め、この工場による排ガスが原因だとして、市民を苦し
めている実態も見られている。北川市長がこうした前市政の残渣にどのように対応していくのか。政権交代の意義は決して小さくない。初志を5
月1日に聞いてみた。

 ――当選おめでとうございます。1234票差と言った僅差での当選となりました。
北川 寝屋川市民の皆さんに自分の気持ちを訴える事が出来ました。全てやり尽くした満足感もあり、良識ある市民の皆さんのご判断により、こ
の度の結果と言う事で、選挙に勝った喜びと言うより、当選と言う責任の重さを痛感しているところであり、身が引き締まる思いでございます。
 ――府議と市長での仕事の違いは何でしょうか。
北川 行政のトップと言うのは政治の方向性、24万市民の命、全ての暮らしに対して、どのように取り組んで行くべきか。市民と一緒に目を向けて、
市民が主役だという政治を心掛けて行かねばと思います。議員の場合は、市民の声を行政と議論する立場ですので、今度は逆の立場になる訳
です。議会に提案して徹底した議論をさせて頂きたいと考えています。
 ――今回の選挙では公明党は他の候補者の支援に回りましたが。
北川 自公政権は国の方針でもあります。国の政策の中で地方でも同様の形を取って頂けたら有難いと思います。
 ――寝屋川市では新人10名が当選、顔ぶれもだいぶ変わる事になりますが。
北川 それぞれの立場でご意見もあると思いますので、お話は十分に聞かせて頂きたいと思います。若い人、ベテラン、新人も、どういう形で行政
に市民の声を届けていくのか、じっくり取り組んでいく事です。
 ――前市政について感じた事は?
北川 すべて否定はしません。私は、命に係わる政策を優先事項として進めていきたい。ただ市営住宅については、あのまま建て替える事には、
少し見直しさせて頂きたいとは思っています。
 ――解約か続行か…。
北川 そこも含めて一回精査していきます。新しい議会になる訳ですから、議会の中で、ご意見があれば当然、耳を傾けて行かねばならない事で
す。
 ――幹部は16年間、前市長一色ですが、人事にはいつ頃着手されますか?
北川 体制が変わるとは言え、直ぐに止める訳にも行かない。それぞれどんな形、思いを聞かせて頂かないと。今すぐに言える事ではありません。
 ――市の職員に求める事はありますか?
北川 公僕として、市民のために働く意識を今一度、共有して貰いたい。政治家だけではなく、我々トップも選挙で選ばれるので、行政で勤める者
として、常にその意識は持ち続けていなければなりません。逆の事も言えます。市民は寝屋川のために何ができるのか、認識を持っていて欲しい
です。
 ――地方創生で、寝屋川を立て直すと言った大きな課題が立ちはだかっています。
北川 目線を市民に向けて、市民が主役という気持ちを市民、職員、役人全員が持ち、体質を変えていく。遅れている市民サービスを市民の手に
取り戻し、命を守る政策を実行して行く事です。

3面記事ー2

余 談… 地域の話題

枚方 波乱の市議選に見る2候補の人間模様

 ▼選挙と言うものが、いくら血を流さない戦争だと言っても、敗北した際の結果は悲惨だ。つい数日前まで「先生」と持て
囃され、登庁すれば市職員ばかりか部課長を含め、市長までが一目置く対応に終始する。気まぐれな有権者のお蔭で当選した
側面が多く、今自分があるのも運否天賦の賜物と言う自覚もなく、自己の真価を知らない議員だったら、市職員等の下にも置
かぬ対応に「もしや自分は偉くなったのか」と錯覚する場合も少なくないようだ。議員のホームページ等を見ても、感情の高
揚感が見て取れて読む方が恥ずかしくなりそうな内容のものも少なくない。議員である限り、周囲は出来得る限り機嫌を損ね
ないように接する事を心掛けている。

周囲への気遣い深く

鍛治谷前市議

 ▼そんな態度を当然と受け止めていた議員が落選し、一夜にして肩書を失う事になれば、それはもう人生の悲劇と言えるよ
うだ。今回の統一地方選で落選した人達の声なき声は、どこからともなく漏れ伝わって来る。落選して4年後に捲土重来を期
すると切り替えて、意欲を見せているのが枚方市の鍛治谷知宏前市議だ。「責任の全ては自分にある」として、再び4年後を
目指し周囲に敗者の悲哀すら感じさせない配慮を見せている。▼本人にすれば、人生の蹉跌を味わい心の置き所すら見出せな
い、奈落の底に落ちた心境と言っても過言ではないはずだ。鍛治谷氏には頭が下がる。▼切り替えの早い人ばかりではない。
落ちてやる気の殺がれた人の声も伝わって来る。ある前議員は「また共に頑張ろう」と声を掛けた人に対して「もう電話もし
ないで、そっとしといて下さい」とポツリと…。これを耳にした人曰く「喧嘩でもして罵倒された方がまだ気分的に楽だった。
長年、一緒に政治に取り組んで来た仲間の弱気な言動を見ると、聞く方も気が萎える」と語っていた。▼人生は正にままなら
ぬものだ。思いのうち1割でも満たされるものなら良し≠ニ言うものだろう。日頃、平安のうちにも「あれが欲しい、これ
をしたい」と不満の言う自分を深く戒め、平凡な日常の有難さを痛感した。

初めて人前で号泣

高橋前市議

 ▼枚方の高橋伸介前市議の選挙後のブログを見ると、落選の率直な意見が述べられていた。一部を借りる。「道を歩いてい
たら見ず知らずの人から高橋さ  ん、あなたの改革には常に優しさを感じていたファンです。これからも頑張って下さい。
応援します…と言われ、初めて人前で号泣した」と、落選した心の空洞の埋め難い状況から救われた思いを綴っている。▼同
氏は4期連続当選、副議長在任中に選挙を迎え今回の無念さに直面している。人には「まさか」の坂があると言うが、悔やみ
切れない事態に残念がるのは高橋氏本人だけではない。議会では徐々に実力を付け最近は牽引役的立場となり、職員を含む周
囲から市政改革に当たり頼りにされていた同氏に期待していた人達の声は『今一度、奮起して欲しい』として同氏の市政復帰
が待たれるが、本人は8月の市長選までは自宅からホームページを発信し、その後は未定としている。

3面記事ー3

求められる利用者判断 高齢者介護の現状を探る

 ケアマネ、訪問介護・看護師、医師…
ますます増大する社会的役割

病院、介護施設など地域優良サービス提供者に相談を

 我が国では既に、5人に1人が高齢者の時代を迎えている。平均寿命は男性が79歳、女性が86歳と右肩上がりで、今や「全
ての労働者が親の介護に直面する時代」に突入したとも言えよう。また、一人っ子や共働きでの介護も想定出来る。最近では、
シングルの男女による両親の介護も珍しくない。介護保険は自己決定が基本だ。情報弱者と言われる高齢者が選択し、決定す
る事は難しい問題を含んでいるが、それでも「自分らしい生き方」を実現する方法があるはずだ。
 ケアマネージャーや訪問看護師、医師、介護福祉士など多くの専門家がその時々で、如何に高齢者の意思を引き出し自己決
定のサポートをして行くか、重要な鍵を握っている。ケアプランは利用者本人や家族でも作る事が出来るが、それでは本人や
家族が気付かない必要性をケアプランに盛り込む事が出来ない。反対にプロに全てを任せてしまうと、本人の希望とかけ離れ
たものになってしまう可能性がある。
 大切なのは、ケアマネージャーと利用者との間に温かい空気が生まれている事。少子高齢化が進む中、介護サービスは今、
三本の柱『施設・在宅・通所』で、選択肢は本人(利用者)にとって何がベストなのか?いずれにしても今後、大きな市場を
形成して行く事は間違いない。

 そのために高齢者にとって良き共同決定者になってくれる人、ケアマネージャーの存在は生きるための力になるに違いない。
現在、介護保険のデイサービスに通う認知症高齢者の外出問題がクローズアップされている。デイサービスは通所施設で利用
者と共に過ごすケアである。スタッフが利用者と一緒に昼食を摂り入浴サービスを提供する。朝夕、利用者の自宅と施設の間
を車で送迎する。在宅の要介護者が『訪問介護』と並んで最も良く利用するサービスであるが、しかし施設からの外出がどの
程度までなら良いのか?との問題もあるようだ。
 「今日は天気も良いし皆で花見に行こう」がノーになる場合がある。ブレーキをかける自治体は多い。介護保険法第7条に
よると「通所介護とは通所施設において入浴及び食事の提供、その他の日常生活上の世話、並びに機能訓練を行う」とある。
この通所施設においての文言を「通所施設の中で」と解釈しているからだ。
 「認知症の人にとっては季節の変わり目を身体全体で感じる事は良い刺激になる。街並みや身近な自然は、昔の楽しい時を
思い出すきっかけを作り、そこから話が弾む事もある。目的のある外出行動は良い機能訓練になる」と外出に積極的な職員達
は言う。デイケアの通所介護は始まってからまだ歴史は浅い。しかし、現実にはどんどん少子高齢化は進んでいる。利用者の
目線に立った判断を望みたい。

【地域の主な病院、介護施設】

 介護老人保健施設『青山』交野市青山3-432(ガスト南)/TEL.(072)893-0328
 特別養護老人ホーム『あおやま』交野市青山3-431-1/TEL.(072)891-3400 www.minnanokaigo.com/facility/HB27107/


 社会医療法人山弘会『上山病院』寝屋川市秦町15-3/TEL.072-825-2345(京阪バス秦北口バス停前)
 社会福祉法人『弘房園』寝屋川市日新町17-43/TEL.072-803-6730 www.ueyamabyouin.com/

 訪問介護・居宅介護支援・訪問看護『福田総合福祉サービス』枚方市渚西1-18-15/TEL.072-840−4775
 通所リハビリテーション『福田総合病院』枚方市渚西1-18-11/TEL.072-847-5752/http://www.fukuda-hsp.jp/

 『星田南病院』交野市藤が尾3-5-1/TEL.072-891-3500・810-0200
 『星田南病院ケアセンター』
  www.wakeikai.or.jp/hoshida/

 『河北病院』寝屋川市河北東町19-1/TEL.072-822-3
  有料老人ホーム『スマイル』
  www.kahoku.or.jp/

私達も高齢者福祉向上に期待します

 建設残土リサイクル『堀之内建材椛蝠営業所』/枚方市大峰東町11-3/TEL.072-850-3900戟E859-6900
  horiken.org/business/bus03/

 『交野カントリー倶楽部』交野市倉治2937/TEL.072-892-1101/
  www.katanocc.co.jp/

3面記事ー4

サービス付き高齢者向け住宅 『ケア・キューブ枚方』 待望のオープン

 老人ホーム施設・介護施設事業・調剤薬局事業など大阪を中心に展開し信頼と実績を重ねている潟<fィプラン(沖田尚史社長、大阪市中央区)を事業主体とするリハビリ特化サービス付き高齢者向け住宅『ケア・キューブ枚方』が5月9日に待望のオープン、これに先立って開催された内覧会でも参加者から上々の評判を得た。

リハビリ特化型デイサービス 『すぷらうつ』を併設

 くらし・介護・医療を繋ぎ、支えを必要とする高齢者に生きる喜びを提供する『ケア・キューブ枚方』は理学・作業療法士、看護師が常駐するため
入居者はもとより、家族も大きな安心が得られる施設となっている。京阪枚方市駅から徒歩5分の至便な立地で、暮らしやすさへの様々なサービ
スに加え明るく楽しいスポーツジムのようなリハビリ施設≠ニして人気を博し、利用者が増えているリハビリ特化型デイサービス『すぷらうつ』を
1階に併設、充実したケアサポートと共に入居者の充実した日常生活を支える。
 住居はプライバシーが保たれるバリアフリーのワンルームタイプ(18uの個室)で、ナースコールが各部屋に有り24時間対応。2階から5階まで各
階20室、計80室有り。各階に談話室を設けている。また、浴室(個室)も最新機能を備えた特殊浴槽を完備し車椅子のまま、座ったまま、寝たまま
で快適に入浴できる。なお、デイケア(通所)は50名が利用可。
 事業主体の潟<fィプランは、調剤薬局で培った知識と大阪の医療機関との連携により新しい形の老人ホーム・介護施設を提案して「生活を知る
医療」により、地域の暮らしをサポートしてきた。特に『ケア・キューブ枚方』建設に当たっては、歴史街道の玄関口で宿場町の面影を残す好立地で
ある事に配慮して枚方市の指導のもと景観条例を踏まえ街並みに相応しい外観とした。
 さらに併設の『すぷらうつ』は、独自に開発されたトレーニングマシンを通じて専属の理学療法士が利用者の目的に沿ったメニューを作成、スタッ
フも介護予防運動員の資格取得者で、安心してトレーニングに専念できる体制を整えている。
 『ケア・キューブ枚方』ではぜひ気軽に問い合わせて欲しいと笑顔で呼びかけている。
Care・Cube
 理学療法士・作業療法士・看護師 常駐 サービス付高齢者向け住宅 
ケア・キューブ枚方
  枚方市岡本町 京阪「枚方市」駅〜徒歩5分 フリーボイス(通話無料) 0800−888−6586
   www.mediplan.jp/lp/hirakata/


4面記事ー1

中田市政見直し第2弾

 交野マラソン 協力金打ち切りも 大盛況

   昨年上回り
約7千人がエントリー

 交野市の黒田実市長は「交野市チャリティーマラソン」に対し、中田仁公市長時代の昨年実施までの大会で「会計が不明朗
の面がある」と、これまで同マラソンに市が拠出していた約300万円を今年から中止し、今後再検討する事にして第4回同
マラソンを去る4月19日に実施したが、何と今年はエントリー者が昨年の6433人を上回り7085人が参加し、大成功の
うちに終えた。
 黒田市長は市議時代から同マラソンに市が共催として協力金を拠出していたにも拘らず、市民からの寄附金や企業からの協
力金等、会計が詳細に公表されず透明性を欠いていた事から、公金支出に疑問を投げかけていた。市長に就任して「市民に説
明出来る公金支出」であるべきだとし、金以外に市として同マラソンに今後どのような協力の方法があるのか検討するとして
いる。黒田市長就任後、また一つ中田前市政の見直しが実行された形だ。

4面記事−2

 ―交 野―

市議、新人候補続々


 山本前府議も出馬へ

山本前府議

 今年9月13日に実施される交野市議選挙に、自民党支部(支部長・松本直高府議)は現職1人、新人2人を擁立する事を明らかにした。これま
で市議会では自民党は片岡弘子、松本直高議員だったが、松本市議が4月の府議選に当選し空席になった事から、後任候補に加え自民党の
故・堀憲治元市議の議席奪還も視野に入れ党勢拡大を目指す。
 3議席獲得する事になれば松本府議の面目躍如、交野自民党は大きく飛躍する事になるため注目されている。新人候補名は近く公表するとし
ている。交野市は定数15.また、4月の府議選で落選した山本景前府議も市議選出馬の準備に入っており、更に大阪維新の会が3候補を擁立
する模様で超激戦となる模様だ。

4面記事−3

投書から


 
―枚 方―

その後の進展は?
招提大池メガソーラー

質問〕いつも貴社の新聞を、興味をもって読んでいます。一度枚方市の市長に質問をしてほしい。招提の新大池に再生エネ
ルギーの水上メガソーラーを、地元の要望で設置するとの話があり、我々地元も興味を持って見守っていましたが、いまだに
実現する事なく、計画が立ち消えになっている様子です。25年度の12月議会で、積極的に取り組むとの市側の返事があり、質
問者の議員も、自分のホームページで実現の可能性をほのめかしていました。環境にやさしく、電力を蓄電し災害避難場所で
使用できるなど素晴らしい話をされていました。招提の役員に聞いたら、さらに、話は飛躍して池の水と太陽光の電力を使用
して水素ガスを発生、国道1号線ぞいに、水素ステーションを作り、未来に向け、斬新な計画を提案してきたようです。しか
し、竹内市長は美術館をなんとかしたく、地元の要望は担当課のタライ回しで全く無関心の事らしいです。又、質問した議員
もどんな事情があるのか、その後全く追及をしていません。地元では全く解りません。一度真意を調査して貴社の新聞に記載
して欲しいとおもいます。(元市関係者=4月7日)
回答〕水上に設置するフロート式の太陽光発電設備については、民間事業者が実施している先進都市の事例はありますが、
長期運用の事例がなく技術的に確立されたものとはなっていません。ご質問の件につきましては、これまで採算性を含めた事
業実施の可能性について検討を重ねてきたものであり、今後も再生可能エネルギー導入に関する国・府の動向を注視していき
ます。(枚方市環境保全部環境総務課=4月23日)

41万都市の駅前が泣く
運転マナー欠如

質問〕突然ですが、京阪枚方市駅バスロータリーにおける夕方の渋滞は日常茶飯事で、酷過ぎます。特に、駅前の学習塾へ
子供を送り迎えする親御さんの運転マナーがなっておらず、バス乗り場至近距離に止めているし、それ以外の違法駐車ドライ
バーも含め、バス発着の妨げと渋滞の原因になっており、バス停周辺は駐車禁止であることは周知の事実です。人口41万人都
市の玄関口で、こんなに慮る心が無いようでは、「私は田舎者です」と市民各々が自白するようなもので、「枚方なんて大し
たことないよな…」と、よそから揶揄されるのが落ちで、増して子供に「勉強、勉強…」と強いる前に、大人こそすべき点が
あるのではないでしょうか。(見識を疑う市民=4月16日)
回答〕本市では「枚方市めいわく駐車の防止に関する条例」に基づき、枚方市駅周辺で迷惑駐車を行うドライバーに対して
交通指導員による助言及び啓発等を行っています。今後も引き続き、様々な機会に交通安全マナーの啓発を行ってまいります。
また、違法駐車に対する取締り等は警察が所管しており、ご意見につきましては枚方警察署にも情報提供いたします。(枚方
市土木部交通対策課=4月28日)

4面記事−4

石清水八幡宮 春季献茶祭

 日本三大八幡宮の一として知られる石清水八幡宮では5月28日(木)午前10時から、八幡大神の神前で表千家奉仕『春季献
茶祭』を斉行する。同宮献茶講主催により例年茶業の発展と一門の隆盛を祈願するもので尺八の秘曲「岩清水」の調べの中、
表千家宗匠により濃茶・薄茶が点てられ「お守り授与所」では茶券(祭典参列・拝服席・副席×2・煎茶席のセット券)が1
枚2000円で授与される。
 石清水八幡宮(TEL.075・981・3001)京阪「八幡市」駅下車/www.iwashimizu.or.jp

4面記事−5

インフォメーション 知っておきたい役立つ情報

郵便局だより
夏の販促に有利な『かもめ〜る』
 すっかり夏の挨拶として定着した『かもめ〜る』を、販促ツールとして上手に活用している企業が増えている。その理由は
――葉書なのでメールやWebに比べ実際に手元に届く温かみと、開封しなくても中身が分かる一覧性/郵便局の葉書という
オフィシャル感が、チラシより高い信頼を生む/現金5万円が当たるくじ付きのため捨てられ難く抽せん日にもう一度見て貰
える/くじ番号による独自の抽選イベントと言った仕掛けも可/宛名リストがなくてもターゲットが多く居住するエリアを指
定して効果的な販促が行える――などなど。詳しくは、日本郵便のホームページ(www.post.japanpost.jp/)でどうぞ。
警察だより 各種事件・事故の通訳人を募集
 大阪府警では、各種事件・事故の通訳に協力して貰える通訳人を募集している。期間は6月30日(火)まで。今回募集して
いるのはベトナム、タガログ、福建省の言語(福清、福州等)、ドイツ、オランダ、ロシア、ルーマニア、タミール、シンハ
ラ、アラビア、パキスタン系の言語(ウルドゥ、シンド等)、アフリカ大陸の少数言語(アサンテ、スワヒリ、イボ等)の各
言語で、これらを問わず2ヵ国語以上通訳可能な人は相談に応じる。通訳実施時間に応じた一定の謝金が支払われる。問合せ
は府警本部〈教養課〉通訳センター(TEL.06・6943・1234=内線27311)まで。www.police.pref.osaka.jp/